カードローン審査

MENU

審査で重要視されるものは?

審査で重視される項目は多々ありますが、それらを調べるのは「返済能力があるか」、「信用できるか」という2つのポイントを確認するためです。

 

カードローン、キャッシング、クレジットカードなど、借金をする際にはこれらの評価が高くないと融資を受けることはできません。では返済能力と信用はどのように測られているのでしょうか?

 

返済能力に影響する項目

返済能力に関する評価は、収入や勤務情報、返済履歴、借入金額などが影響します。

 

リストラや離職率が低い公務員などの職業についていて年収が高く、月々の収入が安定していれば、初めて借り入れる場合はほぼ問題なく融資を受けられるでしょう。そこまで年収が高くなく、職種形態もパートやアルバイトなど少々安定性に欠ける場合でも、大手企業に就職している場合は評価が上がります。

 

既に借り入れがある場合は返済履歴という実績があるため、返済の延滞や債務整理など、問題を起こしていなければかなり高い評価を受けることができます。逆にブラック情報が記録されている場合、審査にはほぼ通りません。

 

自分の収入と支出から、毎月大きな負担にならずに返済できる金額を割り出し、それに合わせて希望融資金額を設定しましょう。そうしておけばある程度の返済プランを考えておくことができるのと同時に、「自分の返済能力をよく理解して、無理な借り入れをしない人」、「きちんと返済してくれる可能性が高い人」というふうにプラスイメージを持ってもらいやすくなります。

 

信用に影響する項目

信用は、「返済の延滞を繰り返したり、借金を踏み倒したりせず、きちんと返済してくれるか?」という部分が重視されます。居住形態や家族構成、居住年数や勤務年数、連絡先がしっかりしているかなどから調べられます。

 

居住形態や家族構成はすぐに移動できないような状態だと評価が上がります。

例えば、持ち家に家族と住んでいる場合です。

 

この状態だとすぐに引越してしまうことがないので、借金を踏み倒される可能性は低いと判断されやすくなります。居住年数と勤務年数は長いほど安定性が増すため、高評価に繋がります。どちらかの期間が半年に満たない場合は、審査に通るのが難しくなります。

 

連絡先がしっかりしているのも、信用性を高めるためには不可欠な要素です。審査では固定電話の有無が重視されている部分があります。そのため、連絡先に固定電話番号がないと、消息不明になりやすいと判断されてかなりのマイナス評価となってしまいます。審査にも通りにくくなるので、固定電話がない場合はカードローンに申し込む前に契約しておく必要があります。

 

自分がお金を貸す立場になって考えてみる

各金融会社で重視される項目には違いがあるため、それで必ず審査に通ることができるというわけではありません。とはいえ、どうすれば評価を上げられるかを考えるときに、自分が貸す側になった場合を想定して考えてみると、なにが重視されるかが見えてくることもあるでしょう。

 

審査に通るためにも、さまざまな項目を多角的に考えるのも有効な方法の1つです。