カードローン審査

MENU

利用目的と審査への影響

カードローンを申し込む際、個人情報を提出する以外にもお金の利用目的を尋ねられることがあります。

 

カードローンの使い方は基本的には自由ではあるものの、禁止されている使い方もあります。

 

つまりお金の使い道次第では、審査に通りにくくなったり融資を断られたりすることがあるのです。審査に落ちたり、後々問題になるような使い方をしないためにも正しく使うことを意識しましょう。

 

審査に通りやすい目的

使い方として最も多いのが「生活費」です。給料日までのつなぎや急な出費などに対応するためにカードローンに申し込むケースはよくあります。ただ、カードローンがないと生活できないほど困窮し、依存してしまう場合、生活費という用途はマイナス評価につながることもあります。

 

冠婚葬祭は、融資を受けやすい理由です。確実に資金や費用がかかることや招待される側の準備期間も長くても1カ月ほどしかありません。また、葬儀などの場合はかなり急を要するケースも多いでしょう。自分の貯蓄では十分まかなえないことがあるので、考慮してもらいやすいでしょう。

 

スキルアップのための資金として活用するというのもプラスイメージになる理由です。資格を取得できれば、それを生かして収入を増加させることができ、返済面でも有利になります。ただし、継続して仕事を続ける必要はあるので、仕事をやめて学業に専念する場合は通らなくなる可能性が高くなります。

 

審査に通りにくい目的

カードローンは事業性資金として活用はできません。これはどの会社でも必ず注意書きがされており、申し込んでも確実に審査に落とされます。事業性資金として活用したい場合は事業者用ローンやビジネスローンを申し込む必要があります。

 

借金の返済としての利用も融資を断られます。返済に充てるお金を借りるということは、既に返済能力が欠如しているということを表しています。返済能力がない相手に融資をすることはほぼないでしょう。

 

ギャンブルの資金として利用する方も一定数いますが、これも大きな問題となります。理由としてはまず通りませんし、ギャンブルに使おうものなら違反行為としてカードローンの凍結や一括返済といったペナルティが課されます。

 

引越し資金も、実はマイナス評価となります。引越した後消息不明になったり、仕事をやめてしまったりして返済がされなくなる可能性があるためです。

 

申告しても問題視されない使い方を心掛ける

利用目的は、申し込み時に聞かれるだけで実際どのように利用しているかを調べられることはありません。返済さえきちんとできていれば、問題視されることは少ないでしょう。

 

しかしウソをついてギャンブルの資金としてや借金の返済に充てたりするということを続けていれば必ず問題が生じます。そうなった場合に苦しい思いをするのはカードローンを利用している本人です。そうならないためにも、聞かれても問題視されない用途のために利用することを心掛けましょう。