カードローン審査

MENU

カードローンの審査時間は長い?短い?

 

カードローンの審査時間は、早いところでは30分程度で結果を出してもらうことができます。短時間で結果を出してもらうことができれば、待つ時間が少なく精神的なストレスもほとんど感じないでしょう。しかし常に短時間で結果を出してもらうことはできません。

 

さまざまな理由が原因で審査時間が長引くことがあります。短い時間で結果や融資を行なえると宣伝していても、それはあくまでスムーズに審査が行なえたときの時間なのです。

 

審査時間が長くなる要因

審査がスムーズに行かない、例えば属性や信用情報などに問題があると審査時間は長くなります。返済能力があるのか、信用できるのかなど、申込者のことをさらに調べなければならなくなるとその分時間がかかります。また、申込者の準備不足や時間のかかる申し込み方法を利用してしまうなどして、余計な時間をとってしまうこともあります。

 

申込者に問題がなくても時間がかかる場合もあります。申し込みが集中する時期に申し込んでしまうと、順番が来るまで保留にされてしまうことがあるからです。つまり申し込む時期にも気をつけなくてはならないのです。

 

審査時間の短縮方法

確実に最短で結果を出してもらうというのは難しいですが、できるだけ時間がかからないようにするためのポイントはいくつかあります。属性や信用情報に問題がないようにする。無職やブラック情報が記載されているなどは持ってのほかですが、それ以外にも低評価を受けそうな項目があれば、少しでもプラスになるように行動しましょう。

 

40代以上はスーパーホワイトに気をつける

スーパーホワイトは借入履歴が一切ない状態のことです。実績が全くない状態なので、40代以上の方の場合だと審査に不利になるケースが多くなります。

 

スーパーホワイトの状態でもクレジットカードの審査には影響しないので、カードローンを利用したことがない方はクレジットカードから申し込んで返済実績を作ると良いでしょう。

 

必要者類を準備する

必要書類の準備には時間がかかる場合があります。即日審査や即日融資を希望しているなら、申し込む前にコピーやスキャン、写真などをとって審査中に余計な手間がかからないよう準備しておきましょう。

 

申し込みが増えそうな時期は避ける

どれだけスピーディに審査しても、1人につき最低30分はかかります。申し込みが増える時期に申し込むのは得策ではない理由は言うまでもないでしょう。申し込みが増える時期は、長期休暇の前後、冠婚葬祭が多い時期、学校の進学・入学前の時期などです。

 

時間のかかる申し込み方法は避ける

郵送申込は書類の発送や受け取りなどで時間がかかるため、非常に効率が悪い申し込み方法です。また、家族にバレてしまうことを考えるとリスクも高いので、インターネットや自動契約機などで申し込んだほうが無難といえます。