カードローン審査

MENU

カードローン審査になかなか通れなくても闇金は絶対に避ける

簡単、誰でも、ブラックOK、審査なし、年金を担保に。こういった言葉を並べて宣伝しているのは闇金に他なりません。

 

通常であれば警戒して見向きもしないこういった宣伝も、お金が必要なのになかなか審査に通れないという状況に陥っている方にとってはまるで救いの手が差し伸べられているかのように感じてしまい、手を出してしまうことがあります。しかし実際には助けられるどころか、より厳しい状況に追い込まれます。

 

どんな状況であっても闇金を利用してしまわないように注意する必要があります。

 

闇金が危険な理由

年齢の制限がなく収入がなくても借りられるというのは一見して便利なように見えますが、闇金は違法な金利で貸し付けてきます。賃金業法で定められている金利の上限は10万円以下で年率20%とされていますが、闇金ではトイチ(10日で1割)、年率にして365%というとんでもない金利が課されます。

 

それならば10日以内に完済すれば問題ないように思えるかもしれませんが、残念ながら正規の金融会社のようには行きません。

 

闇金の場合は利用者からお金を得続けることが目的であるため、そもそも完済には応じてくれないケースが多いのです。返済も利息分しか受け付けてくれず、元金は全く減りません。また、無理やり完済させても大分時間が経った頃に「利息しか払ってないから返済しろ」と催促してきます。

 

闇金を見分けるのは簡単ではない

焦りの気持ちから冷静に対処できないケースは多いのですが、気をつけていても引っかかってしまうケースも決して少なくありません。ここ数年、闇金の手口が巧妙になってきており、かなり慎重に調べないと闇金かどうかが分からなくなってきています。

 

例えば、会社名を大手金融会社に似せているあるいは一部同じにしている場合、それだけで正規の金融会社だと思い込んでしまうことがあります。社名だけを似せているのであれば連絡先や賃金業者登録番号を調べれば大体分かりますが、中には賃金業者登録番号を実際に取得している闇金業者もいるので、よく調べないと騙される可能性があります。

 

被害に合わないために

雑誌や街中に張られている広告やダイレクトメールはそのほとんどが闇金であるため、そういった広告は一切無視しましょう。電話で融資の誘いをかけてくることもありますが、そういった電話もできればすぐに切ってしまいましょう。

 

少しでも情報を与えてしまうと他の悪徳業者に情報が渡ってしまう危険性があります。また、インターネットで見つかるものはさまざまな情報が氾濫しているため注意深く調べる必要があります。

 

一軒ずつ調べるのは大変な作業ですが、金融庁では登録業者を検索できるサービスがあり、日本貸金業協会のサイトには悪徳業者検索サービスがあるので、それらを駆使して闇金かどうかを調べる事ができます。